京都大学大学院地球環境学堂 環境調和型産業論分野
 藤井研究室

 Kyoto University Graduate School of Global Environmental Studies
 Environmentally-friendly Industries for Sustainable Development
 

ENGLISH     

 HOME  研究紹介  メンバー  入学希望の皆さんへ  アクセス  リンク




 教授
 藤井 滋穂

 健全で安全な環境と生態系の保全と創造をめざして


  日本は、60年代、70年代の深刻な公害を克服し、世界的にもトップ水準の環境先進
 国になり、その間には、技術開発、ノウハウ蓄積、法律整備、施策実施など、具体的に
 環境問題を解決する多数の知識・技能・経験を得ましたが、その一方で 近隣アジアの
 途上国等、依然、劣悪な環境問題が多数存在し、日本の経験があまり生かされていま
 せん。

  本研究室「環境調和型産業論」分野は、つねにこのような状況を念頭に入れつつ
 教育研究を進めようと考えています。すなわち、最先端の環境技術発見・理論 探求も
 目指しつつ、同時に常にアジア等途上国で現場で適用可能な技術・仕組みの開発と
 そのための研究教育の技術移転を目指します。

  具体的には海外諸大学・機関との連携による多数の優秀な留学生の受入と、日本人
 学生の積極的な海外派遣(研修・研究)を進め、国際的な研究教育展開を行っていま
 す。研究室主催のセミナーやシンポジウムで日常的に英語を使う環境を提供するとと
 もに、研究室内の多数の留学生と日常生活を接することにより、日 本人学生にも積極
 的に国際性を培って頂きたいと思っています。

  研究テーマでは、(1)微量汚染物質(有機フッ素化合物他)の地球規模での環境動態
 調査とともにその都市水循環系での制御技術研究、(2)途上国も含む各地域での流域
 管理(含む、国内および海外における沿岸群落保全、琵琶湖水環境解析)、(3)途上国
 衛生環境改善他のためのシナリオ作成、などを、現場調査、室内実験、コンピュータ解
 析を通じて進めています。




| HOME | 研究紹介 | 受賞歴 | メンバー | 研究室イベント | 入学希望の皆さんへ | アクセス | リンク | 
 このサイトに関してのご意見・ご質問およびリンクに関しては管理者〈webmaster@eden.env.kyoto-u.ac.jp〉までご連絡ください。
COPYRIGHT(C) 2010 GSGES All rights reserved